Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

あなたの造る家。最低でも室内の温度環境サーモグラフィーで確認しましょう!

BLOG

 

豊かな暮らしへの情報

あなたの造る家。最低でも室内の温度環境サーモグラフィーで確認しましょう!
あなたの造る家。最低でも室内の温度環境サーモグラフィーで確認しましょう!
こんにちは
一級建築士のニトウです。

室内の温度差気になりませんか?
私はすごく気になります。足のほうが寒かったり、頭のほうが暑かったり、
今から建築する家の温度ムラ環境は、事前に確認してみてください。
住まわれてから、夏二階が暑くてたまらない、とか冬一階の床が冷たいとか
大手ハウスメーカーで建築した方からよく愚痴をききます。
全然快適ではないと言っています。

これから家を建てようとする方は、事前にどんな温度ムラがあるのか確認してください。

一般的には夏にエアコンをかけますと足元が冷え、天井だけが暑くなります。これは第三種換気による空気不足(負圧)が原因です。正圧は家全体を床から天井まで同じ温度、湿度を維持できます。

また冬の暖房時にエアコンを運転してもこのようにエアコンから暖気の帯が写らないのは正圧によってエアコンの掃き出し口に常に空気を押し当てているからです。全室同じ温度の暖かい空気の中にエアコンの暖気が吹き出してもこのよう吹き出し口が熱いだけです。同じ温度になるのは正圧がすべての温度、湿度を生成しているからです。

またエアコンの選択も大切です。
当社のM-Smart2030零和の家がダイキンのうるさらエックスを採用している理由についてお伝えします。通常のエアコンは住宅内の空気を吸って循環させるさせだけで換気はできません。そのため室外機とエアコン本体は2本のダクトです。ダイキンのうるさらエックスはこのように3本のダクトがあります。このことで新鮮な外気を取り込むことができます。外気中の水分をデシカントという乾燥材に付着させてヒーターの熱によって水分子をつくり加湿できるエアコンはダイキンのうるさらエックスだけのです。
ダイキンうるさらエックスは、質量の低い上昇する暖気を真下へ垂直に掃き出し足元から温めます。加湿された暖気を真下のリターンエア室内吸込み口から直接換気ユニット本体へ送り基礎内という1階の床下から温めます。通常の床暖房は消費電力が高いため光熱費の負担が家計を圧迫しますが、M-Smart2030零和の家では床暖房設備がないのに床から暖かいまるで床暖を開発しました。
冬は太陽の高度が30度まで下がります。この低い入射角を家の奥まで採り入れるには掃き出し窓では不可能です。冬の暖かい陽射しを2重のフィックス採光窓から取り入れて暖房負荷を下げます。1階の冬用エアコンの垂直気流から取り入れた湿度の高い暖気を第一種全熱交換換気システムエクリアで熱交換して吹き抜けと風道で2階全室まで温めます。

真夏は2階に設置した加湿式エアコンが密度の重い冷気をサーキュレーション気流という天井から這うように1階に送ります。正圧の空気環境により湿度の重い冷気でも足元に滞留することなく全室を同じ温度に保つことができるのです。

吹き抜けから1階に冷気が下りてリターンエア室内吸込み口から換気ユニット本体で熱交換されて冬同様に全室に給気されることでまるで水まくらを敷き詰めたような快適な冷房ができます。

冬は風量が弱いまま、夏は風量を強くした熱交換をします。春と秋は気圧調整式で正圧を維持してエアコンに頼らなくても温湿度を一定に保ちます。黒い四角表示が外気温度で、四角表示が住宅内の温度です。プラス表示は基礎内の温度です。年中同じ温度であることをこのモニターが証明してくれます。

掛川モデルハウスで実体験いただけます。
ご縁を大切に
お陰様でありがとうございます。