Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

掛川 菊川 御前崎 住まい造り「涼しい庭のつくり方!!」

BLOG

 

暮らしのアイデア

掛川 菊川 御前崎 住まい造り「涼しい庭のつくり方!!」
掛川 菊川 御前崎 住まい造り「涼しい庭のつくり方!!」
中庭が見える玄関ホール
家の中の暑さは、

庭の作りと大いに関係があります。


特に気を付けたいのが

ウッドデッキを設置する場合です。


夏になると

暑くて庭に出られないということが

起こる場合があります。


そこで夏でも涼しい庭にする、

快適ガーデンのアイデアをお伝えします。

 

◆涼しい庭はウッドデッキから


ひと昔前によく見かけた庭と言えば、

一面に芝生を敷き詰め、

その周囲に低木や大木などの庭木を

たくさん植える

といったプランでした。


せっかくの庭なのだから、

緑をいっぱいにしたい

という思いがあったのでしょう。


所せましと様々な木を植えたものです。

 
最近は、

芝生だったところは、

ウッドデッキやタイル、レンガになり、

樹木の種類もかなり絞ったデザインが

目立ちます。


風通しがよさそうで、

おしゃれではあるのですが、

緑の面積はかなり減った印象です。


また、ガーデニングプランでも

草むしりや落ち葉の掃除が大変、

害虫駆除に手間が掛かる、

蚊がわきやすい

などの理由で、

芝生や花壇、庭木を減らすケースが

増えているそうです。


しかしこのような

ガーデニングプランが、

家の中の暑さの原因になっている

可能性があります。


特に多いのが、

夏になるとウッドデッキが暑い、

庭に出られないという声です。


そこで実際のところ、

炎天下のウッドデッキは

どれくらいの温度になっているのか、

放射温度計を使った例を紹介します。


放射温度計とは

物の表面温度を測ることができる機械で、

炎天下のウッドデッキの温度を

測りました。


気温は31度に対して、

なんと60度を超えていました。


ちなみに床暖房の表面温度は

約30度ですから、

いかに暑いかよくわかります。



◆庭が暑いと、家の中も暑くなる...


実はこのような庭の状況は、

都市部で起きている

ヒートアイランド現象と

よく似ています。


ヒートアイランド現象とは、

郊外に比べて都市部の気温が

高くなることを言い、

その原因のひとつに、

自然の土や緑を人工物で

覆ってしまっていることが

あげられます。


自然の土や緑は、

水蒸気の放出によって

地面の表面温度を下げてくれます。


しかし人工物で覆われた地面は、

水蒸気の放出が妨げられるので、

地面の温度を

下げることができません。


しかもその人工物は

太陽光によって

熱せられることで蓄熱し、

その熱が大気を再加熱し、

更に気温を上昇させます。
 

草木の生えた地面は、

強い日差しを受けても、

水蒸気の蒸発で

表面温度はそれほど上がらず、

その周辺では涼しい風が吹きます。


しかし人工物で覆われた地面は

表面温度が上昇するので、

周辺がとても暑くなり、

吹く風も涼しくないというわけです。


そして

蓄熱した人工物が発する熱は

「輻射熱」もしくは「放射熱」と呼ばれ、

これは床暖房やパネルヒーターと

同じ原理です。


いくらエアコンを付けて

室温を下げようとしても、

庭で巨大な床暖房があるような状態では、

家の中も涼しくならず、

光熱費がかさんでしまう場合があります。


庭は風景というだけでなく、

室内環境に大きな影響を与えています。



◆涼しい夏の庭づくりは
 「日本古来の知恵」を参考に


では家の中を涼しくする庭とは

どんな庭でしょうか。


日本古来の庭づくりには、

夏を涼しく過ごすための工夫が

凝らされていました。


江戸時代の大名屋敷の庭園には、

自然を模した山や森や池が作られ、

心和む空間であったとともに、

庭の中で自然な対流が生まれ、

真夏の暑い日でも水辺に立つと、

そよそよと涼風を感じられたと

言います。


日本庭園では定番の苔も、

地面の温度を下げるのに役立っていました。


昔の昭和の日本の民家では、

庭に小さな池を作り、

まわりに草木を植えて木陰にし、

その水を冷たく保つ工夫をしている家が

多かったです。


木陰や冷たい水辺を

抜けて吹いてくる風は気持ちよく、

見た目にも涼感たっぷりでした。


また池には縁日ですくった金魚を入れ、

ボウフラが沸くのを防ぎ、

冬になれば水を抜き、

中に寒さに弱い植木鉢を入れて

ビニールをかぶせて簡易温室にする、

というような生活の知恵もありました。


このような知恵は、

今の暮らしの中にも

活かすことができます。


そこで現代の庭でも取り入れやすい、

暑い夏を涼しくする庭のポイントを、

ご紹介します。



◆ウッドデッキに直射日光はNG!


暑い夏を涼しくするのポイント1つめは、

人気アイテムである

ウッドデッキの対策です。


夏の直射日光が当たった

ウッドデッキの表面温度は

60度を超えることもあります。


これでは庭に巨大な床暖房が

あるようなものですから、

庭が暑いのはもちろん、

家の中まで暑さを感じて当然です。


夏を涼しくする第一歩は、

ウッドデッキの表面温度を

上げないことです。


先ほど炎天下では

60度を超えていた

ウッドデッキの表面温度ですが、

木陰になった部分で計測すると

33.4度でした。


つまり涼しい庭にするために

大切なことは、

ウッドデッキに直射日光を当てずに

日かげにしておくことです。


これは

レンガやモルタルを敷いた床面も

同じです。


開閉式のオーニングなどの

日よけを取り付けておけば、

それだけでも涼しい庭にすることができ、

家の中でも涼しく過ごすことが

できるようになります。
 


◆木陰づくりに人気な落葉樹は
 「ハナミズキ&ヒメシャラ」


庭を涼しくする2つめのポイントは、

庭に落葉樹を植えて

木陰を作ることです。


落葉樹なら

暑い夏は葉が茂って木陰を作ってくれ、

冬は葉が落ちるので

日差しを遮ることがありません。


木陰を抜けて吹いてくる風は

涼やかで気持ちがいいものです。


我が家のイメージアップを図る

シンボルツリーとして人気があるのは

ハナミズキやヒメシャラなどです。



◆涼しい庭づくりに欠かせない水辺づくり


暑い夏を涼しく過ごせる庭にする

ポイント3つめは、

庭に水辺を作ることです。


手軽に涼感を演出できるのが、

ビオトープです。


ビオトープとは

水を張った大き目の鉢の中に、

水草やメダカなどを入れて、

自然な環境を再現する空間のことです。


鉢の中で自然循環を目指します。


ただし炎天下にそのまま置いておくと、

あっという間にバランスが崩れて

水が腐ります。


ビオトープにも日よけを付けて、

日陰にしておきましょう。
 

簡易な池を作るなら、

成型池を地面に埋め込む方法もあります。


こちらはろ過装置などの

水質管理が必要になるため、

少し大掛かりになります。


どちらにしても、

水辺の周辺は木を植えて木陰にし、

水を冷たく保つ工夫を

しておくことが涼しさの秘訣です。
 


◆保水タイルを敷いて朝夕に打ち水を!


4つめのポイントは、

地面を冷やす工夫です。


植物の力は偉大ですから、

芝生を植えておくのが

涼しい庭にするコツですが、

そうはいっても

コンクリートのベランダやテラスに

芝生を敷くのは難しいもの、

また芝刈りや草むしりなど

管理も大変です。


そんな時は、

保水タイルを敷く方法があります。


保水タイルとは名前の通り、

保水性があるタイルで、

打ち水+保水効果+気化熱によって

表面温度を下げる機能があります。


ただし炎天下に打ち水をすると、

湿度が上がって

かえって不快になることがあります。


打ち水は、

朝夕の気温が下がった時に

行いましょう。



◆屋外の塗装部には遮熱塗料を


暑い庭を涼しくするポイント5つめは、

遮熱塗料を使うことです。


例えば手すりや物置などは、

直射日光が当たることで蓄熱し、

庭を更に暑くする原因になります。


そんな時は、

表面温度を抑制する機能を持った

遮熱塗料を使用することで、

約10度ほど下げることができます。



◆快適な夏の過ごし方は
 涼しい庭づくりから


このように家の中の暑さは、

庭のつくりに大きく左右されます。


いくらエアコンの設定温度を下げても、

庭に暑さの原因があると、

なかなか涼しくなりません。


まずは日差しのコントロールをして、

夏が涼しい庭にしましょう。


それでは、また!!