Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

冬でも暖かい家を実現するには?断熱工法についても解説します

BLOG

 

暮らしの情報

冬でも暖かい家を実現するには?断熱工法についても解説します
冬でも暖かい家を実現するには?断熱工法についても解説します
マイホームを建てる際、「暖かい家」を必須条件にしている方は多いと思います。
しかし、どのようなポイントを意識すれば冬でも暖かい家を実現できるのでしょうか。
この記事では、新たな住まいを検討中の方へ断熱工法について解説します。

□暖かい家を実現するための3つの断熱工法とは?


冬でも暖かい家を可能にする断熱工法があることをご存知でしょうか。
まずは、そんな夢のような工法を3つご紹介しましょう。

1つ目は、通気断熱WB工法です。
家のあらゆる場所に取り付けられた通気口が、気温の変化に応じて自動で開閉し、季節に適した住環境を保ちます。
また、空気の流れや木材の働きによって自然に有害物質を室外へ出します。
外気温に合わせて通気口を開け閉めするため、冬でも暖かい家を実現できるでしょう。

2つ目は、エアサイクル工法です。
「夏涼しく、冬暖かい」をテーマにした工法で、室内の温度と湿気をほどよく調整します。
常に室内温度を均一に保つため、ヒートショックのリスクを大幅に軽減できます。
また通気性も良く、カビやダニの発生を抑えられるので、アレルギーやシックハウス症候群からご家族を守ってくれるでしょう。

3つ目は、SW工法です。
高性能の管理システムを用いて、室内の温度環境・空気環境を最適な状態にします。
断熱性だけでなく遮音性も高いため、周辺道路の環境音や隣家からの音漏れを気にせず暮らせますね。

□Smart2030で暖かい家を実現しよう


当社のSmart2030には、暖かい家をつくるための2つの性能が備わっています。
1つは、健康性能です。
ヒートショックの原因は主に室内の温度差ですが、Smart2030は居室と脱衣所の温度差を緩和し、健康被害の危険性を大幅に軽減します。
また、24時間換気システムによって、室内の空気をクリーンに保つため、健康的な暮らしを実現できるでしょう。

2つ目は、高気密・高断熱性能です。
Smart2030は、高い断熱性能を誇り冬でも快適に過ごせる室内環境をつくります。
また、高断熱性能とトリプルサッシを導入することで、優れた気密性能を可能にします。
冬でも暖かい家に住みたい方は、ぜひ当社にお任せください。

□まとめ


今回は、暖かい家を実現する断熱工法について解説しました。
それぞれの工法の特徴とメリットをご理解いただけましたでしょうか。
Smart2030には、今回紹介した性能以外にもさまざまな性能が備わっています。
マイホームをお考えの方は、ぜひ当社で快適な暮らしを実現しましょう。