掛川、菊川、御前崎、牧之原で新築とリノベーションの違いと比較 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

スタッフブログ

トップページ > スタッフブログ > 豊かな暮らしへの情報 > 掛川、菊川、御前崎、牧之原で新築とリノベーションの違いと比較

豊かな暮らしへの情報

掛川、菊川、御前崎、牧之原で新築とリノベーションの違いと比較
「中古住宅を買ってリノベーションすれば、

新築するより安く戸建の家を建てることができる」


という話を聞いたことがある方も

多いのではないでしょうか。


実際、空き家の増加、政策の後押しもあり、

住宅業界ではリノベーションが盛り上がっていて、

さまざまな会社、サービスが生まれています。


そこで今回は、新築戸建(注文住宅)と

中古住宅のリノベーションという

2つの家を建てる方法を比較しながら、

賢く家を建てるコツをお伝えします!



◆新築戸建(注文住宅)で家を建てる


まずは簡単に、新築戸建(注文住宅)を建てるとは

どういうことかについてご案内します。


戸建住宅を新築で建てる、いわゆる注文住宅は、

まっさらな土地にゼロから家を建てるということです。


「土地の購入」「住宅の建築」という

大きく2つのプロセスに分かれます。


基本的には、

土地の購入を先に行う方が多いようですが、

購入前に「住宅の建築」を請け負ってもらえる人、

会社を絞り込んで置いたほうがよいでしょう。


良い会社、担当者、建築家なら、

候補の土地を一緒に見学して、

専門的なアドバイスをもらえます。


土地の形状や現地の条例によって

建てる家に様々な制約が生まれます。


不動産屋さんは「土地を売る」ことが仕事ですので、

その土地のデメリットについては

口が固くなってしまうケースも考えられます。


「家を建てる」ことを想定して、

専門家に見てもらいながら

土地を選ぶ方が賢いといえるでしょう。



◆中古住宅のリノベーションで家を建てる


続いて、中古住宅のリノベーションです。


これは、既に建っている中古住宅を購入して、

構造的な部分、利用可能な部分をそのままに、

それ以外を取り替える方法です。


土地ではなく、

土地も含めた「中古住宅の購入」と

「リノベーション工事」の2つのプロセスがあります。


こちらも、中古住宅を購入してから

リノベーション会社、工務店、設計事務所を探すより、

先にリノベーション工事を請け負ってもらえる

会社、人を絞り込んだほうが良いでしょう。


中古住宅はまっさらな土地以上に複雑で、

専門家でなければその状態を

見極めることは出来ません。


販売している不動産会社の担当でも、

きちんと状態を理解できているケースは

少ないと思われます。



◆【新築vsリノベーション】内装・外観の違い・比較


それでは、新築戸建(注文住宅)と

中古住宅のリノベーションを比較しながら、

違いをお伝えします。


まずは、外観・内装の見た目からです。


新築戸建は、外観も内装も、

もちろん全て新しくピカピカです。


一方のリノベーションも、

「中古住宅」という言葉から

古い建物がイメージされますが、

新しくつくりなおすため、

外観も内装も新築同様にできます。


(「見た目の新しさ」では

細部まで新品の新築に軍配があがりますが・・・)


主要な柱、梁を残すことも多いですが、

化粧して新築のような雰囲気にしたり、

あえて古さを残したまま化粧して、

味わいのある雰囲気にすることもできます。


外観・内装の見た目に関しては、

新築もリノベーションも、どのように工事するか、

どのような材料を使うか、

施主さん、工務店、建築家次第で

いかようにも出来ると思います。



◆【新築vsリノベーション】費用の違い・比較


費用については、

リノベーションの方が

安く抑えられる傾向にあります。


大きく分けると、新築の費用は

「土地の価格」+「工事費」です。


一方リノベーションの費用は

「中古住宅の価格(土地含む)」+「工事費」

となります。


リノベーションを行うような中古住宅のほとんどは

築年数が古く建物の価値が低いため、

「土地の価格」と「中古住宅の価格(土地含む)」は

ほぼ一緒になります。


一方で「工事費」は、

多くの場合リノベーションの方が安くなります。


基礎や構造部分の工事が不要だったり、

建材を再利用できたりするためです。


そのため、トータルで見ると、

リノベーションの方が

費用を安く抑えられると思います。


その他、リノベーションの場合、

政府や自治体から補助金、助成金が出るケースも多く、

その意味でもリノベーションの方が費用的には

「お得」といえますね。


リノベーションを行う際には、

ぜひその土地の自治体に相談してみてください。



◆【新築vsリノベーション】自由度の違い・比較


どこまでこだわるか、その自由度については、

新築の方が圧倒的に高いといえるでしょう。


新築は何も無い状態から建てるので、

基本的には施主さんの自由に建てることができます。


(もちろん、予算や土地、条例、

 工務店の技術などの制約はありますが)


一方で中古住宅のリノベーションは、

もともとの構造部分はそのままですので、

自由度は新築に劣ります。


工法にもよりますが、

間取りの変更などが難しい場合もあります。


購入してから後悔しても遅いので、

中古住宅を購入してリノベーションを行う際には、

中古住宅の購入前に工務店などに見てもらって

「希望の家にリノベーションできるかどうか」を

相談するようにしましょう。



◆【新築vsリノベーション】立地の違い・比較


立地については、

どちらかといえばリノベーションの方が

有利かと思います。


条件の良い立地にはすでに家が建っている場合が多く、

建物を取り壊して更地にしてから販売するよりも、

建物が建ったまま中古住宅として

売りに出される可能性のほうが高いからです。


ただ、いずれにしろ良い立地の土地、

中古住宅は当然人気が高いので、

あえて優劣をつける必要は無いかもしれません。



◆【新築vsリノベーション】リスクの違い・比較


新築、リノベーションで、

よりリスクが高いのは中古住宅の

リノベーションです。


既に少しお伝えしましたが、中古住宅の場合、

見た目では判断できない劣化が見つかる

ケースもあります。


特に築年数が古いと、

取り壊して新築として建て直しが

必要になる可能性もあります。


そうなると、解体費用+新築費用となり、

初めから新築で建てる以上の費用が

かかることになります。


繰り返しになりますが、

出来る限りトラブルのリスクを避けるためにも、

購入前に工務店や建築家に

現地をチェックしてもらうことをおすすめします。




◆【まとめ】リスクを抑えたいなら新築。

      費用を抑えたいならリノベーション


新築戸建と中古住宅のリノベーションを

比較しながら違いをお伝えしてきましたが、

大きくまとめると

「リスクを抑えたいなら新築戸建」

「費用を抑えたいならリノベーション」だと思います。


しかし費用を抑えて新築の家を

建てることも可能です。


リスクは同じ条件ですが、よりリスクが高いのは

中古住宅のリノベーションといえます。


家を建てる際、どちらにするか迷われたら、

参考にしていただければ幸いです!


それでは!!



  • POSTED at 2017年11月18日 (土)

MODEL HOUSE 2015.1/10 Grand OPEN
スタッフ募集
世界屈指の建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの思想と哲学に基づく家 And the ORGANIC HOUSE 家づくり リノベーション・リフォーム リノベーション・リフォーム
〒437-1612 静岡県御前崎市池新田7742-1  TEL.0537(86)2674  FAX.0537(86)8559

[施工エリア] 静岡県 : 掛川市/菊川市/磐田市/袋井市/森町/御前崎市/牧之原市/浜松市/島田市/吉田町/藤枝市/焼津市/静岡市