Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

大好きな犬と暮らすための理想の間取りやデザインを紹介!

BLOG

 

暮らしの情報

大好きな犬と暮らすための理想の間取りやデザインを紹介!
大好きな犬と暮らすための理想の間取りやデザインを紹介!
犬と暮らす家の間取りを考える際は、犬の好きなことや苦手なことを知っておきましょう。
ペットの習性について知っておくと、家の間取りを考える際に役立ちます。
今回は、犬と暮らす家の間取りや部屋のデザインについてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□犬と暮らす家の間取りの工夫について

*階段

階段の工夫は、緩やかにすることです。
ペット自身に負担がかからないように、階段を緩やかにしましょう。
柔らかい肉球に負担がかかりにくく、飛び降りた時の足腰への衝撃も最小限に抑えられます。

段数が増えてしまいますが、ペットだけではなく人間にもメリットはあります。
高齢になって足腰が思うように動かなかったり、妊娠中に移動で負担がかかったりする際に、その良さを感じるでしょう。

*床

床材は、滑りにくい床材にしましょう。
また、ペットに優しいフローロングにすることをおすすめします。
コルク材を使用したり、ペット用のコーティングをしたりすると、ペットが滑って怪我したり肉球が傷つきにくくなったりします。
そのため、ある程度グリップ感のある床面にすると良いでしょう。

上記以外にも工夫が必要な点はあります。
例えば、掃除しやすいようにしたり、運動不足にならないようにしたりする工夫が挙げられるでしょう。

ペットと暮らしていると、掃除する際にもペットのことを考える必要があります。
抜け毛対策や、外で遊んだ時の汚れを家の中に持ち込まないような対策が必要です。
そのため、掃除しやすく、フラットな作りにすることをおすすめします。

□犬と暮らす間取りや部屋のデザインについて

ここまで犬と暮らす際の間取りの工夫についてご紹介しました。
ここからは、犬と暮らすためのデザインについてご紹介します。

1つ目は、庭で遊べるドッグランや回遊動線を設けることです。
「室内犬やシニア犬でもたくさん運動させてあげたい」
このようにお考えの方におすすめです。

また、専用の洗い場やグッズの収納場所を設けると良いでしょう。
そうすると、外で遊んだ後でも部屋の中を汚さずにすみます。

2つ目は、専用の居場所を作ってあげることです。
専用の居場所を作ることで、落ち着いてリラックスできる空間を作ってあげられます。

□まとめ

今回は、犬と暮らす家の間取りやデザインについてご紹介しました。
犬と暮らす際は、さまざまな工夫が必要です。

当社は、医師が進める本物の健康住宅、電気を自給自足できるようにする住宅を提案しています。
また、長期保証プログラムもございます。
注文住宅に関してお困りの際は、当社までお問い合わせください。

追伸・・愛犬や愛猫と暮らされる場合に、匂いの問題解決したいですよね。
そこでご提案できる方法が、2種類あります。
1案は、室内の壁を抗酸化漆喰壁にすることです。漆喰は多孔性であり消臭効果抜群です。オススメします。
2案は、当社換気システムのエクリアを使った正圧の空気環境にした場合は、紫外線照射ユニットをエクリアにプラス設置することで家中がオゾンの空気となり
匂いを消してくれます。毎日が森林浴の生活に変わります。
もちろん1案+2案は最強ですよね。チョーお薦めです。

ご縁を大切に唯一無二の家造り
お陰様でありがとうございます。