Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

バーベキューができる庭づくりの方法をご紹介!

BLOG

 

暮らしの情報

バーベキューができる庭づくりの方法をご紹介!
バーベキューができる庭づくりの方法をご紹介!
「バーベキューができる庭づくりをしたいけど、どうしたら良いのか分からない」
このようにお悩みの方は多くいらっしゃるでしょう。
夏に庭でバーベキューができたら最高ですよね。
そこで、今回はバーベキューができる庭づくりをする前に知るべきこととバーベキューができるおしゃれな庭づくりのポイントをご紹介します。

□バーベキューができる庭づくりをする前に知るべきこととは?

バーベキューができる庭づくりをするためには、地面の仕上げが重要です。
バーベキューをする際に避けたい地面の仕上げをご紹介します。

1つ目は、土です。
土の上でバーベキューをすると、靴も汚れますし、その汚れた状態で他の場所に行くとその場所も汚れます。
掃除が大変になるので、できるだけ避けましょう。

2つ目は、芝生です。
芝生に椅子やテーブルを置くのは問題ありませんが、引きずると芝生がえぐれる場合があります。
また、コンロの位置が低い場合は熱によって芝生が枯れる危険性があるので注意しましょう。

3つ目は、木材です。
ウッドデッキのような木材を使った地面でバーベキューをすると、火の粉で焼けたり、油でシミになったりするので、木材の地面は避けましょう。

□バーベキューができるおしゃれな庭づくりのポイントをご紹介!

1つ目は、目隠しを作ることです。
目隠しがあれば、近所の人の視線を気にすることなくバーベキューができるでしょう。
バーベキュー以外でも、ガーデニングや洗濯物を干したり、子供と遊んだりと気軽に外に出られます。
視線を全て遮ると、風通しや日当たりが悪くなるので、少し隙間を作るのをおすすめします。

また、庭木で目隠しをするのも選択肢の1つです。
庭木であれば、大きく成長しても圧迫感がないですし、おしゃれな雰囲気も与えてくれます。
常緑樹であれば、1年中葉っぱが落ちることがなく掃除する必要もないのでおすすめです。

2つ目は、日よけや雨よけができるテラス屋根やタープを設置することです。
屋根があると、日よけができて熱中症予防になりますし、急に雨が降っても安心です。
本格的なテラス屋根は、10万円以上かかるので簡易的にタープで日よけするのも良いでしょう。

□まとめ

今回は、バーベキューができる庭づくりをする前に知るべきこととバーベキューができるおしゃれな庭づくりのポイントをご紹介しました。
ぜひこの記事を参考にして、庭でバーベキューを楽しんでください。
また、家づくりを検討されている方はお気軽に当社までご相談ください。

追伸・・・当社M-Smart2030では新提案としての商品(文化シャッター製)をご用意しています。夏のバーベキューは楽しいですけど、
絶対日よけシェードも取付しましょう。満足感が違います。

お陰様でありがとうございます。