Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

真実です!高断熱性能(UA値)だけでは結露する?

BLOG

 

豊かな暮らしへの情報

真実です!高断熱性能(UA値)だけでは結露する?
真実です!高断熱性能(UA値)だけでは結露する?
こんちには
一級建築士のニトウです。

もうご存知かもしれませんが?
樹脂サッシを使い、外皮熱還流率(UA値)を下げても結露は防げません!
今日はそんなお話伝えます。

皆さんが今住んでいるアパートにの付いているはずですが、これ(写真)一般住宅が当たり前のように採用していますこの第三種換気設備は窓と換気扇によって外気を開口部から取り入れて家の中を換気するという古い考え方からできた換気設備です。現代病である花粉症、アレルギー疾患が多い現在、こうした開口部を利用しても充分な換気はできません。よってガラスが結露する原因は換気不足が原因です。どんなに断熱材を厚くして外皮熱貫流率を下げても、この第三種換気設備を採用する限り結露の発生は止められません。取り入れる空気は風まかせで、排気は24時間廻しぱなしなので、負圧の空気環境なのです。
真冬は寒さが、真夏は暑さが換気口という開口部からそのまま侵入しますので寒さ暑さを避けるため換気口を塞いしまいます。これが負圧と言う空気不足の原因で断熱材の腐敗によるカビの発生の原因です。窓を開けて空気の入れ替えをできる時期は春と秋のわずかな時間だけです。この第三種換気設備を採用することでヒートショックや気圧病も発症します。断熱性能と同じくらい大切なのが換気性能なのです。

ヒートショックが起きる原因は家の中の空気量不足による温度の違いです。窓の開け閉めと換気扇で空気調整をする家を選んだことが原因です。きれいな空気を家自身がつくり、家じゅうを大量な空気で膨らませることができる空気環境を正圧と言います。窓の性能や断熱性能を助けることができるのです。気圧調整式換気システムには2台の換気モーターが必要です。給気量を多くする換気モーターと排気量を少なくするモーターです。たった1台のエアコンでどの部屋も同じ温度と同じ湿度で暮らせるから健康な暮らしができるのです。

ここで大事なことは家の換気です。換気と言っても部分の換気ではダメです。
家全体の空気が動く(体感ではかんじませんが)入れ替わることがとっても大切です。

より詳しくお話しできます。

お陰様でありがとうございます。