Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

MEIKO夢ハウス通信!【住宅ローン審査の申込は何社まで】

BLOG

 

豊かな暮らしへの情報

MEIKO夢ハウス通信!【住宅ローン審査の申込は何社まで】
MEIKO夢ハウス通信!【住宅ローン審査の申込は何社まで】
現場の都合で、全員集合ではありませんが、スタッフ写真です!
住宅ローンを借り入れる
(あるいは借り換える)場合に
必ず突破しなければ
いけないものがあります。

それが住宅ローン審査です。
住宅ローンの審査基準は
金融機関によって大きく異なります。

(フラット35以外の金融機関は、
明確な審査基準を公開していません)
例えば、同じ条件で
住宅ローンを申し込んだ場合でも、
Aの金融機関では審査に落ち、
Bの金融機関では審査に通過するケースは、
決して珍しいことではありません。

つまり、
一つの金融機関の住宅ローン審査に
落ちたからといって
諦める必要は全くないのです。

誰にでも住宅ローン審査に
落ちる可能性がある以上、
住宅ローン審査に申し込む際は、
複数の金融機関に
申し込んでおくのがセオリーです。

では具体的に
何社くらいの住宅ローンに
申し込んでおけば良いのでしょうか?

また、複数の金融機関に
住宅ローン審査を申し込む際、
どういった点に注意すべきか
気になる方も多いはず。

そこで今回は住宅ローン審査に注目し、
複数の金融機関に
住宅ローン審査を申し込む
メリットとデメリットについて
お伝えします。

住宅ローンの借り入れ・借り換えを
検討されている方は
ぜひチェックしてみてください。

◆複数の金融機関に
 住宅ローン審査の申し込みはできる?
住宅ローンの借り入れ・借り換えを
考えている方の中には、
そもそも住宅ローン審査は
複数の金融機関に
申し込みができるのかどうか、

複数申し込みすることで
ペナルティがあるのではないか?
と気になっている方もいらっしゃいます。

結論を言えば、住宅ローン審査は、
複数の金融機関に
申し込むことが可能です。

また住宅ローン審査を
複数申し込むことによる
ペナルティを気にする必要はありません。

それでは早速、
複数の金融機関に
住宅ローン審査の申し込みをする上で
知っておきたい基本情報を
見ていきましょう。

●住宅ローンの審査結果には、
 有効期限がある
住宅ローン審査は、
事前審査(仮審査)・本審査ともに、
複数の金融機関に申し込むことができます。

ちなみに、
複数の住宅ローン審査に申し込みし、
複数の金融機関で審査に通過した場合でも、
審査結果には有効期限があるため、

その期限内であれば
キャンセルすることが可能です。
住宅ローン審査に通過したからといって、
必ずその金融機関の住宅ローンを
利用しなければならないわけでは
ありません。

ただし、審査結果の有効期限は、
金融機関によって、
また、事前審査か本審査かで
異なる点には注意が必要です。

複数の金融機関に
住宅ローン審査を申し込む際は、
各金融機関の審査結果の有効期限
を事前に確認しておくと安心です。

●住宅ローンの審査基準は
 金融機関によって異なる
住宅ローンの審査基準は、
明確に規定が定められている

フラット35を除き、
金融機関によって異なります。
審査基準が異なるからこそ、
同じ条件で住宅ローン審査に
申し込みをした場合でも、

「Aの金融機関では審査に落ち、
Bの金融機関では審査に通過する」、

「AとB両方の審査に通過したものの、
AとBでは、借入可能額が異なる」
といったケースが起こるのです。

こうした点も、
複数の金融機関に住宅ローン審査を
申し込む際にチェックしておくと
良いでしょう。

◆複数の金融機関に住宅ローン審査を
 申し込むメリットとデメリット

それでは次に、複数の金融機関に
住宅ローン審査を申し込む際に
知っておきたいメリットと
デメリットについてお伝えします。

●メリット①

住宅ローンの選択肢を増やせる
借り入れ・借り換えを希望する
住宅ローンがあっても、
住宅ローン審査に通過しなければ、
実際にその住宅ローンを
利用することはできません。

つまり、
複数の金融機関に
住宅ローン審査を申し込み、
審査に通過すれば、その分、
借入可能な住宅ローンの選択肢を
増やすことができます。

複数の住宅ローンを比較・検討し、
より自分に合ったものを選びましょう。
実際に組める住宅ローンの
選択肢を増やせる点は、
複数の金融機関に住宅ローン審査を申し込む
大きなメリットと言えます。

●メリット その2
住宅ローンの申し込み~借り入れにかかる
時間のロスを防ぐことができる
住宅ローンは申し込みから
借り入れ完了まで、

1ヵ月~1ヵ月半程度かかるのが一般的です。
ただ、住宅ローンの審査結果は
「事前審査には通過したものの
本審査で落ちてしまった」、
「事前審査では満額借り入れ可能と
なっていたものの、本審査の結果では
満額借り入れることができなかった」等、
事前審査と本審査で異なるケースがあり、
場合によっては、思うような審査結果が
得られないケースもあります。

ある金融機関の審査結果が出てから
他の住宅ローンを検討し、
事前審査からやり直すと、
その分余計に時間がかかり、場合によっては
当初予定していたスケジュール通りに
家づくりが進まなくなるケースも
考えられます。

所定の期間までに
住宅ローン審査を通過できず、
住宅購入の契約が
キャンセルになってしまうのが
最悪のケースです。

住宅ローンの借り入れ・借り換えや、
住宅購入をスムーズに進めるためにも、
住宅ローン審査は複数の金融機関に
申し込みをしておくのがおすすめです。

●デメリット①
審査の申し込みに手間がかかる
本審査の場合、事前審査とは異なり、
審査を申し込む際に提出する書類が多く、
なかには取得に時間や費用が
かかるものもあります。

また、金融機関によって、
本審査の際に提出する書類が
異なる点にも注意が必要です。

本審査の申し込みに時間と
手間がかかる点は、
複数の金融機関に住宅ローン審査を
申し込む際のデメリットの一つと
いえるでしょう。

●デメリット②
本審査の申し込み状況は一定期間、
個人信用情報照会機関に履歴が残る
住宅ローン審査は、
基本的に事前審査も本審査も
複数の金融機関に申し込むことができます。

ただし、本審査の申し込み状況は
一定期間(※通常6ヵ月間)、
個人信用情報照会機関に履歴が残り、
金融機関内で情報が共有されます。

(ちなみに、個人信用情報照会機関に
登録される情報は、
本審査に申し込みを行ったという
内容のみとなっており、
本審査の結果については記載されません。)

この点は、複数の金融機関に
本審査の申し込みをする際、
チェックしておきたいポイントです。

1つの金融機関に申し込みを行い、
本審査が終わった後、
次の金融機関に申し込むと、
1つ目の金融機関の本審査に落ちた
という印象を持たれる可能性があります。

住宅ローン審査の申し込みは、
できる限り並行して
すすめたほうが良いでしょう。

ただし、並行して本審査の申し込みを
するといっても、一度に多数の金融機関に
本審査の申し込みをするのは禁物です。

一度に多数の金融機関に
本審査の申し込みをすると、
本当にその金融機関で住宅ローンを
組みたいのかわからないと判断され、
審査結果にマイナスの影響を
与える可能性も考えられます。

まず優先度の高い2社の金融機関に絞って
本審査の申し込みをするのがおすすめです。

◆住宅ローン審査の申し込みは何社まで?
それでは、複数の金融機関に
住宅ローン審査の申し込みをする際、
何社くらいに申し込みをすると
良いのでしょうか?

「金融機関によって審査基準が異なる」、
「事前審査と本審査で結果が異なり
借入額が減額されるケースもある」
といったことを考慮すると、

事前審査は3社程度
申し込んでおくのがおすすめです。
事前審査の結果を確認し、
複数の住宅ローン審査に
通過していた場合は、

その中でまず第1希望、第2希望のところに
本審査の申し込みを行い、
その結果を見て契約手続きを進めるか、
第3希望の住宅ローンに
本審査の申し込みをする、
といった形で進めると良いでしょう。

◆住宅ローン審査に申し込む
 複数の金融機関 選び方のポイント

それでは、住宅ローン審査に
申し込む金融機関を選ぶ
ポイントについてご紹介します。

住宅ローン審査の
申し込みを行う金融機関は、
下記のポイントに注目して
選ぶのがおすすめです。

●審査に選ぶ金融機関のポイント①
審査スピードが速い住宅ローン
数ある金融機関のなかには、
ネット銀行を中心に
審査スピードの速いところがあります。

審査スピードが速い金融機関であれば、
審査に通過した場合、
スムーズに借り入れ手続きを進めることが
可能です。

また、審査に通過できなかった場合でも、
すぐに他の金融機関に
住宅ローン審査の申し込みができ、
時間のロスを防げるメリットがあります。

複数の金融機関に
住宅ローン審査の申し込みをする際は、
審査スピードが速い住宅ローンを
選択肢に入れておくと良いでしょう。

●審査に選ぶ金融機関のポイント②
事前審査がない住宅ローン
また金融機関のなかには、事前審査がなく、
住宅ローン審査は本審査のみを
実施しているところもあります。

住宅ローン審査が本審査のみであれば、
審査結果を待つ時間のロスを
最低限にできるほか、
「事前審査と本審査で審査結果が異なる」、
「本審査で借り入れ額が減額される」
といったこともありません。

住宅ローンの借り入れ条件がすぐに確定し、
スムーズに住宅ローンを組むことが
できます。

複数の金融機関に
住宅ローン審査の申し込みをする際は、
事前審査がない住宅ローンも
チェックしておくのがおすすめです。

●審査に選ぶ金融機関のポイント③
 フラット35
複数の金融機関に
住宅ローン審査の申し込みをする場合、
フラット35を入れておくのもおすすめです。

フラット35とは、
住宅金融支援機構が
民間の金融機関と提携し、提供する
全期間固定金利型の住宅ローンのことです。

借り入れ期間中の
住宅ローン金利が一定のため、
返済計画が立てやすいメリットがあります。

このフラット35は
審査基準が明確に決まっており、
審査基準を満たしていれば、
住宅ローンを組むことが可能です。

複数の金融機関に
住宅ローン審査の申し込みをする際は、
ぜひ検討しておくと良いでしょう。

◆まとめ

フラット35を除く住宅ローンは
審査基準が明確に決まっていないため、
「我が家は大丈夫」と考えていても、
いざ住宅ローン審査に
申し込みをしてみると、
思うような審査結果が得られなかった…
というケースは十分考えられます。

住宅ローン審査は、
複数の金融機関に申し込むことができるので、
希望する住宅ローンでの借り入れ・借り換えが
できない場合の保険や、
より良い条件で住宅ローンを
組むための選択肢を増やす手段として、
上手く活用すべきです。

その一方で、
注意しておきたいポイントもあるため、
複数の金融機関に
住宅ローン審査を申し込む際は、
デメリットや注意点についても
事前に確認しておきましょう。

これから住宅ローンの
借り入れ・借り換えを検討している方は、
今回お伝えしたことを参考に、
複数の金融機関に
住宅ローン審査の申し込みを行い、
自分に合った住宅ローンを
見つけましょう。


それでは、良いお年を!