オーガニックで豊かな暮らしの家づくりのためにネット銀行の住宅ローンとは 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

スタッフブログ

トップページ > スタッフブログ > 豊かな暮らしへの情報 > オーガニックで豊かな暮らしの家づくりのためにネット銀行の住宅ローンとは

豊かな暮らしへの情報

オーガニックで豊かな暮らしの家づくりのためにネット銀行の住宅ローンとは
オーガニックで豊かな暮らしの家づくりのためにネット銀行の住宅ローンとは

おはようございます
本日はローンのお話をいたします!

住宅ローンの金利の低さが魅力の

ネット銀行の住宅ローンですが、

実際にどのような住宅ローンなのか、

今回は、ネット銀行の住宅ローンをお伝えします。

住宅ローンの新規借入、借り換えを

検討している方の中には

「ネット銀行は金利が低い」

と理由で人気です。


加えてネット銀行の住宅ローンには、

保証料や団信保険料、

団信に付帯する疾病保障などが無料

というメリットもあります。


一部繰上げ返済の手数料も無料で

1円単位などの少額から利用可能な点も、

ネット銀行ならではと言えるでしょう。


それでは、

ネット銀行の住宅ローンに

デメリットがないかと言うと、

残念ながらそうではありません。


しかし、デメリットをしっかりと把握し、

その対処法を知ることで、

ネット銀行の強みを最大限に活かすことが可能です。


そこで

ネット銀行の住宅ローンに

どのようなデメリットがあるか

そしてその対処法についてもご紹介します。

◆デメリット1 審査・融資実行のスピードが遅い


ネット銀行の住宅ローンのデメリットは、

審査・融資実行までに時間がかかる点です。


大手メガバンクであれば、

申し込みから融資実行されるまでにかかる期間は、

通常1ヶ月程度です。


一方、ネット銀行では

2ヶ月以上の期間を要することもあります。


その理由としては、ネット銀行の場合、

必要書類を郵送でやりとりが多いという点が

挙げられます。


ネット銀行では書類到着から本審査を行うため、

どうしても対面での申し込みと比較すると

融資実行までに時間がかかってしまいます。


ネット銀行は、ほとんどが実行時金利です。


実行時金利の場合、申込時点より

金利が下がればいいのですが、

申込時より金利が上昇して、

資金計画に狂いが生じる可能性もあります。


2018年8月の時点では、

今後金利が上昇傾向にありますので、

注意必要です。

●対処法


物件契約後、

支払い期限までにスムーズに借入を行うためには、

早めに申し込みを行っておくことが重要です。


また、最近では、

住宅ローンの申し込みから契約までを

すべてWEB上で行えるネット銀行も登場しています。


郵送でのやりとりに比べ時間も短縮されるため、

スピード重視の方は

WEB上で手続きが完結するネット銀行が

選択肢になります。


例えば「じぶん銀行」や「住信SBIネット銀行」では、

契約書の記入・捺印が不要でWEB上で

手続きが完結します。


紙の契約書がないため、印紙代もかかりません。

◆デメリット2 審査が厳しい


ネット銀行の場合、対面での人物審査がないこと、

保証会社を利用しないことから

住宅ローン審査が厳しい傾向があります。


大手メガバンクでは、

対面での人物審査を行うことに加え、

保証会社を介することで

貸し倒れのリスクを回避しています。


しかしネット銀行では、上記のような理由により、

その分慎重な審査を行う必要があります。

●対処法


住宅ローンを組む際には、

仮審査という過程があります。


仮審査に通っていれば、

本審査通過の可能性も高いでしょう。


ネット銀行の場合、

仮審査の結果はすぐにわかるため、

早めに仮審査を申し込んでおき、

仮審査の結果がよかった銀行に

複数申し込みを行っておくと安心でしょう。

◆デメリット3 対面で相談できない


ネット銀行では、店舗を構えないことで

諸費用を軽減し、

低金利の住宅ローン商品を提供しています。


そのため、対面での相談窓口が

用意されていないこともあります。


「金額の大きい取引なので、対面で相談したい」

という方にとっては、

その点がデメリットになります。

●対処法


実はすべてのネット銀行が

相談窓口を設けていないわけではありません。


例えば、イオン銀行では

イオンモール内に土日祝日にも営業している

相談窓口があります。


住信SBIネット銀行は、住宅ローン相談窓口

「SBIローンプラザ」を設置しております。


国内最大手の住宅ローン専門金融機関である

ARUHIでも、全国に相談拠点を展開しています。


まずは検討しているネット銀行の相談窓口が

近くにないか、確認してみましょう。

◆デメリット4 事務手数料


ネット銀行の場合、

住宅ローンの事務手数料で

「借入額の2.16%」などの定率性を

採用していることがあります。


借入額が2,000万円で事務手数料が2.16%の場合、

手数料の額は43万2,000円ほどになります。


大手メガバンクの事務手数料は

32,400円で統一されているため、

事務手数料のみで比較すると2.16%は

割高と言えます。

●対処法


中には、

事務手数料が一律のネット銀行も存在します。


また、事務手数料が定率性の場合でも、

金利や保証料などその他の費用を含めると、

ネット銀行の方が総返済額は

少ないケースも多々あります。


特に、ネット銀行では、

保証料・団信保険料がかからず金利も低いので、

トータルの総返済額で比較することが大切です。

◆まとめ 対処法を知ってネット銀行を活用しよう


いかがでしたか?

ネット銀行の住宅ローンには

デメリットもあるものの、

それをカバーする対処法も存在します。


最近では初めての借入の方だけでなく、

借り換え先として

ネット銀行を選択する人も増えています。


ネット銀行で住宅ローンを組む際には、

早めに申し込み・仮審査を

受けておくことがポイントです。


また、対面での相談を希望する方は

相談窓口のあるネット銀行を選ぶことで

デメリットを回避することができます。


何よりもトータルのコストでは、

ネット銀行が有利になるケースがほとんどです。


諸費用の金額だけで判断するのではなく、

総額でいくらになるのかを基準に

比較してみましょう。


それでは、また!!



  • POSTED at 2018年08月11日 (土)

MODEL HOUSE 2015.1/10 Grand OPEN
M-Smart
スタッフ募集
世界屈指の建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの思想と哲学に基づく家 And the ORGANIC HOUSE 家づくり リノベーション・リフォーム リノベーション・リフォーム
〒437-1612 静岡県御前崎市池新田7742-1  TEL.0537(86)2674  FAX.0537(86)8559

[施工エリア] 静岡県 : 掛川市/菊川市/磐田市/袋井市/森町/御前崎市/牧之原市/浜松市/島田市/吉田町/藤枝市/焼津市/静岡市