Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

コンクリートから発生する湿気(土間コンクリート直貼り床は危険です)

BLOG

 

豊かな暮らしへの情報

コンクリートから発生する湿気(土間コンクリート直貼り床は危険です)
こんにちは
本日はコンクリートから発生する湿気についてお話しいたします。

弊社もコンクリートマンションを建築していますので、コンクリートから出る湿気には注意しています。
湿気に対してはコンクリートは木と逆で湿気のあるときは湿気をだし、湿気の少ないときはより乾燥するのがコンクリートです。

ですので弊社のマンション造りは、コンクリートが直接部屋内に露出しないようにとか、天井、壁、床などの部位でも空気層を設けて
仕上げ材を取り付けています。それによって部屋の環境が悪くならないようにしています。

特に床板のコンクリート直貼りは危険です。小さなお子様が転ぶと大きなタンコブができますし、
生活するにも素足では疲れますし腰に持病のある方は危険です(クッション性のあるスリッパが必須)

夏は冷たくて気持ちいいかもしれないですが、冬は冷たいです。(それを隠すために床暖房を設置などしてもランニングコストがかかります)
でも一番危険なことはコンクリートから発生する湿気で床板などがかびたり、腐ったりする可能性は大きくなります。

床暖房などの設備類の対応年数は15年ぐらいではないですか、15年で更新するときにコンクリートの中に配管がはいっていれば最低です。
よってコンクリートと仕上げ材の間は空気層を含めクッション材があればもっと良いですね。
それではまた! 詳しくはご連絡ください。