しらにゃきゃ損!家づくりの基礎知識 屋根の選び方 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

スタッフブログ

トップページ > スタッフブログ > 豊かな暮らしへの情報 > しらにゃきゃ損!家づくりの基礎知識屋根の選び方

豊かな暮らしへの情報

しらにゃきゃ損!家づくりの基礎知識 屋根の選び方
家づくりをするときに

屋根の種類を重視しない人も多いですが、

実は住まいの印象に大きく関わってきます。


また、屋根の種類によって

見た目が異なるだけではなく、

風雨や日照から住まいを守る

といった機能面の違いもあります。


そこで今回は、

屋根の種類や特徴について

お伝えします。

◆主な屋根の種類


屋根の種類で代表的なものを挙げていきましょう。


まず【切妻屋根】は、

日本の戸建てに多い三角形の屋根です。


【寄棟屋根】は最上部の大棟から

屋根面が4方向に分かれている形状の屋根です。


【方形屋根】は大棟がなく

ピラミッド型の形状の屋根です。


【陸屋根】は水平な形状の屋根、

【片流れ屋根】は一方に傾斜した形状です。


【入母屋屋根】は

寄棟屋根の上に切妻屋を重ねた形状のものです。


【招き屋根】は、

【切妻屋根】の一方の屋根面を長くして、

段違いに屋根を設けます。

◆屋根の種類による特徴とは


●屋根の種類で何が違う?

屋根の種類によって、

見た目の印象は大きく変わります。


【切妻屋根】や【寄棟屋根】は

オーソドックスな形状のため、

洋風、和風いずれのデザインの住まいにも合います。


一方、【入母屋屋根】は

日本の伝統的な格式高い家屋などで

使われてきた屋根です。


【片流れ屋根】や【陸屋根】は

スタイリッシュでモダンな印象になります。


屋根に使われる材料も、

屋根の種類によって向き不向きがあります。


スレートは【陸屋根】を除いて、

さまざまな種類の屋根に使います。


ガルバリウム鋼板などの金属屋根は、

【片流れ屋根】や【切妻屋根】に合う材料です。


瓦は【入母屋屋根】や【切妻屋根】に向いています。


ただし、屋根の高さや勾配は、

第一種・第二種低層住居専用地域や

第一種・第二種中高層住居専用地域の

北側斜線によって制限されることもあります。


また、雨漏りのしやすさや耐久性も

屋根形状によって違います。

●屋根の種類によるメリットやデメリットとは


屋根の種類によって、

どのようなメリットやデメリットが

あるのでしょうか。


【切妻屋根】は

単純な構造のため、リーズナブルで

雨漏りがしにくい点がメリットです。


ただし、太陽光発電パネルを設置したい場合は、

南北に屋根が架かっている場合は設置しやすい反面、

東西の場合は発電効率が悪い点が

デメリットになります。


【寄棟屋根】は

風に強く、軒先を長くとることで

4面の外壁を保護できる点がメリットです。


一方で、やや複雑な形状のため、

屋根面の接合部分で雨漏りが起こることがあります。


また、屋根面が小さいため、

太陽光発電パネルは設置できる枚数が限られます。


【片流れ屋根】は、

単純な構造で棟がないため雨漏りしにくく、

デザイン性が高い点がメリットです。


ただし、雨を一面の屋根で受けるため、

豪雨に備えて大きな雨樋を設置する必要があります。


屋根面が南向きのケースでは、

太陽光発電パネルの発電効率は良いです。


陸屋根は

雨漏りがしやすい点がデメリットであり、

防水施工が必要です。


木造で陸屋根が採用されることは少なく、

RC造の住宅に向いています。


屋上を有効に使えるため、ガーデニングがしやすく、

太陽光発電パネルは角度をつける必要があるものの、

設置しやすい点がメリットです。

●屋根材によるメンテナンス方法の違い


屋根は使われる材料によっては、

定期的なメンテナンスが必要です。


スレートは10年ごとに塗装が必要であり、

屋根面の接合部の棟板金が傷んでいるときは

交換します。


スレートの耐用年数は20~30年ほどです。


瓦は耐久性が高いため、

塗装による定期的なメンテナンスは不要です。


耐用年数は50年ほどで、

割れている瓦があるときには一部、

または、全部を葺き替えます。


ガルバリウム鋼板は10年程度を目安に、

軽度な錆の状態のときに塗装することで、

20年~30年ほどもちます。


◆屋根選びを重視しよう


屋根の種類は、

家づくりの際に設計者に希望を伝える人が

比較的少ない部分です。


しかし、屋根の種類によって

住まいの印象は変わり、

屋根に使う材料との組み合わせも

見た目に大きく影響します。


たとえば、同じ片流れ屋根でも、

スレートとガルバリウム鋼板では、

スレートは落ち着いた印象、

ガルバリウム鋼板はモダンな雰囲気になります。


住まいのデザインにこだわるのであれば、

内装や設備などと同様に、

屋根の種類や材料にもこだわることで

理想の住まいを手に入れられます。


また、太陽光発電パネルを設置したい場合には、

屋根形状によって設置できる枚数や、

発電効率に違いがあります。


長い目で考えていくと、

メンテンス性も考慮して

屋根を選ぶことが大切です。


屋根の種類によるメリットやデメリットを

理解したうえで、

住まいの屋根を選びましょう。


それでは!また!!



  • POSTED at 2017年08月26日 (土)

MODEL HOUSE 2015.1/10 Grand OPEN
スタッフ募集
世界屈指の建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの思想と哲学に基づく家 And the ORGANIC HOUSE 家づくり リノベーション・リフォーム リノベーション・リフォーム
〒437-1612 静岡県御前崎市池新田7742-1  TEL.0537(86)2674  FAX.0537(86)8559

[施工エリア] 静岡県 : 掛川市/菊川市/磐田市/袋井市/森町/御前崎市/牧之原市/浜松市/島田市/吉田町/藤枝市/焼津市/静岡市