豊かな暮らしの家づくりの基礎知識 換気システム 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

スタッフブログ

トップページ > スタッフブログ > 豊かな暮らしへの情報 > 豊かな暮らしの家づくりの基礎知識換気システム

豊かな暮らしへの情報

豊かな暮らしの家づくりの基礎知識 換気システム
掛川、菊川、御前崎で注文住宅なら明工建設、静岡県Aランクの技術をもった会社です。

今日は換気扇についてお話しいたします。

最近、住宅内の空気環境にこだわることが

目立つようになってきました。


とはいえ、空気環境への関心が高まったのは

今にはじまったことではありません。


2003年7月の建築基準法改正で


換気設備の設置が義務付けられたことで

一気に注目されるようになりました。


この改正は、シックハウス症候群の原因となる

ホルムアルデヒドなどの化学物質の

室内での濃度を下げるために、

建築物に使用する建材や換気設備を

規制するものです。


このうち、換気設備の規制については、

原則としてすべての建築物に

機械式の換気設備、いわゆる

24時間換気システムなどを設置します。


そして住宅の場合は

1時間で室内の半分以上の空気を

入れ替えなければなりません。


しかし、こうした換気の目的は、

シックハウス症候群の防止を

狙うだけのものではありません。


今回は換気の基礎知識と共にお伝えします。



◆高気密な家には換気システムが必須


そもそもなぜ住宅には

換気が必要なのでしょうか。


その理由の一つには、

昨今登場しはじめた高気密な住宅構造があります。


従来の家の多くは、部材や施工精度などの理由から

外壁や窓に多少の隙間ができ、

あえて換気を考慮しなくても

室内の空気は自然に入れ替わっていました。


ところが高気密な家の場合は、

設計の段階で住宅全体を考えた

計画的な換気を取り入れないと

空気が入れ替わりまえせん。


そうなると、

例えば次のようなデメリットが生じます。



●有害物質が室内に留まってしまう

前述のシックハウス症候群の原因となる

化学物質だけでなく、

外出した際に衣類などに付いた

花粉、PM2.5といったアレルギー症状の原因となる

物質も室内に留めてしまいます。



●結露の原因となる


石油ストーブやファンヒーターといった、

室内の空気を利用して燃料を燃焼させる暖房器具を

使用すると、室内に水蒸気が放出されます。



これが結露となり、柱を腐らせたり

カビの発生の原因にもなります。



●空気が循環しないことで

息苦しさや頭痛などの原因となる


気密性の高い空間にいると、

呼吸によって排出された二酸化炭素の濃度が高まり、

息苦しさや頭痛を起こすことがあります。


以上のようなことから、

高気密な家には換気システムが必須と言えるのです。



◆住宅で主に用いられるのは、

 第1種または第3種の換気方式


換気設備には主に次の3種類があります。



●第1種換気方式


給気と排気ともに機械式のファンで行う方法です。


各居室にダクトでつながる給気機を設置するので、

空気の流れを制御しやすいです。


ただし、その分コストもかかります。



●第2種換気方式


給気はファンで行い、

排気は排気口から自然に行う方法です。


機械で給気を行うので

室内の空気圧を高めることができ、

外気が入りにくくなります。


無菌室や手術室、食品加工場など、

空気中の一定の清浄度レベルが求められる

クリーンルームに向きます。


ただし、湿気を含んだ空気が壁の中に

流入する可能性があるので、

一般的な住宅にはほとんど採用されておりません。



●第3種換気方式

給気は給気口から自然に行い、

排気はファンで機械的に行う方法です。


各居室にも給気口を設置します。


システムが単純なので比較的安価に設置できます。


現在多くの住宅では、

第1種または第3種の換気方式が用いられております。



◆家中の温度と湿度を一定に保ち、

 花粉の侵入を防ぐ住宅も


最初にお伝えした空気環境にこだわる住宅とは、

上記の換気方式から一歩進んだものです。


多くは第1種換気方式を採用した上に、

排気する空気から熱と湿気を給気する空気に戻す

全熱交換器と冷暖房機器(全館空調システム)を

設置します。


これで家中の温度と湿度を一定に保つものです。


これはヒートショックの防止にも有効になります。


また、外気の給気口から花粉やPM2.5などが

入らないように高性能なフィルターを

組み込んでいる住宅もあります。


ヒートショックに関しては、

年間約1万7,000人が入浴中に死亡しているという

報告があります。


交通事故の死亡者数を3倍以上も上回る人数です。


また、花粉症に関しては、全国の耳鼻咽喉科医と

その家族を対象とした調査では、

その有病率は29.8%で、

10年間で約10%増加したといわれております。


どちらも、いつ自分とその家族に

降りかかるか分かりません。



またはすでに被害に遭っている人も多い状況です。


お伝えしたように、

現在の新築住宅は24時間換気システムの設置が

義務化されています。


しかし、更なる健康を考えると

24時間換気だけに頼ることなく

工夫も必要かもしれません。


今回紹介した進化した換気システムを

採用するのも選択肢の一つです。


また、自然素材の建材を活用するという

選択肢もございます。


これから、家づくりを考えている方は

「室内の空気は管理するもの」という意識が

大切なポイントになるかも知れません。


それでは!また

  • POSTED at 2017年06月24日 (土)

MODEL HOUSE 2015.1/10 Grand OPEN
スタッフ募集
世界屈指の建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの思想と哲学に基づく家 And the ORGANIC HOUSE 家づくり リノベーション・リフォーム リノベーション・リフォーム
〒437-1612 静岡県御前崎市池新田7742-1  TEL.0537(86)2674  FAX.0537(86)8559

[施工エリア] 静岡県 : 掛川市/菊川市/磐田市/袋井市/森町/御前崎市/牧之原市/浜松市/島田市/吉田町/藤枝市/焼津市/静岡市